2010年02月22日

モスリンと毛斯綸

DSC06687.JPG

今年も行って来ました☆神戸ファッション美術館

今 開催されている
モスリンと毛斯綸(もすりん)を
仕事後いそいそ着物に着替えて・・・・

着物の方があったかいですし
和装で見に行くと入館料が無料になりますし♪

いいこと尽くしです(^^*)♪

着付けを始めた頃 お稽古着の長襦袢が もすりん でした。
朱色で とても可愛い花柄だったので
帯を締めたら このまま出かけられるのでは・・・と
密かに思っていた記憶があります。

いま思うと下着では恥ずかしくておでかけ出来ませんが(笑)


羊などの毛を平織りにしたのが毛斯綸。
現在着物などでモスリンと表記させているのが毛斯綸で

モスリンとは、メソポタミア(現在のイラク)の
都市モスルで織られた薄地の木綿布だそうです。 


・・・・・・知りませんでしたわ。マッタク


常時展示されている色の和名なども見て複習複習。

梅子もお客様の着物をご紹介する時に
和名を使用していますが
微妙な色合いの違いがありますし
実際に拝見した時と写真に撮ってでは また違います。

蒲公英色や若竹色など名前を聞くとすぐ目に浮かぶものから
漢字さえ読めないもの(^^;)などもありますが
由来などを知ると趣があり とても素敵なものです☆


美術館などへ足を運ぶと ほんと勉強になりますね。


皆様も実際に目で見て
モスリンと毛斯綸の違いを楽しんでみて下さいね☆


* 3月30日まで開催 *
    10:00〜18:00まで
      (入館は17:30まで)
  休館日 水曜日








posted by うめ子 at 02:50| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 梅子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。